Auto CADに必要な知識

CADを使う利点として様々なものがありますが、その中のAuto CADについてはどうでしょう。CADを使用するのに知っておかなければならないことがいくつかありますが、CADの種類が異なるとデータの形式もかわるので、開くためにはデータ変換が必要になってきます。その変換もうまくいかないときがあり、便利なはずがかえって手間がかかるということにもなりかねません。そのため多くの企業が使用し、普及しているAuto CADが好ましいのです。

Auto CADを使用するために必要なものは、CADを操作し作図できるスキルがあるかということです。修正のみを行う場合はある程度の知識で対応できますが、初めからの作成にはスケールを理解し、コマンドの操作ができ、CAD特有の属性も知る必要があります。また、最低限の技術面も理解していないとスムーズに作業は進みません。建築業なら建築に関する技術も必要な知識の一つになるでしょう。

Auto CADの属性というと難しいですが、線種やレイヤー、色やペン、縮尺で属性をもたせ設定し、カラフルな図面に仕上がります。三次元で作成した場合は、基本的なパソコン操作であらゆる角度から立体的に見ることができます。専門的な知識も必要ですが、実務経験を積むことによりCADスキルは上達させることができるでしょう。