CADの特徴

CADの大きな特徴としては、図面を一から手書きで作成しなくてよいという点です。それによって、誰にでも同じ直線や曲線を作図することができ、文字も読みやすく統一できます。ただの線に思えるものも、熟練具合によって全く違ってきますし、乱筆も気にせず細かい文字もフォントの調節でいいのです。また、場所をとるドラフターを使わなくてもいいですし、CADソフトを入れたパソコンを持ち歩いて、いろんな場所で作成することも可能です。

手書きと大きく違う点は、修正の仕方です。少しの修正でもソフトを立ち上げて修正し、保存しなければならない手間もあれば、細かい部分を修正するのにもその場所のみを修正でき、消しゴムでまわりまで消してしまう心配がいらないという利点もあります。消した部分の跡が残ることもなく、修正したことすらわからずきれいに仕上がります。

CADでは、図面の原本はデータで管理します。そのため間違って消さないように十分な注意が必要です。こまめに保存し、データをコピーしておくといいでしょう。複製できるので、原本が一つということにはならずにすみ、取引先などにデータを送れ、共有できます。手書きの場合は紙で保存するので場所も取り、原本は一枚きりなので取り扱いも丁寧にしなければなりません。