Auto CADに必要な知識

CADを使う利点として様々なものがありますが、その中のAuto CADについてはどうでしょう。CADを使用するのに知っておかなければならないことがいくつかありますが、CADの種類が異なるとデータの形式もかわるので、開くためにはデータ変換が必要になってきます。その変換もうまくいかないときがあり、便利なはずがかえって手間がかかるということにもなりかねません。そのため多くの企業が使用し、普及しているAuto CADが好ましいのです。

Auto CADを使用するために必要なものは、CADを操作し作図できるスキルがあるかということです。修正のみを行う場合はある程度の知識で対応できますが、初めからの作成にはスケールを理解し、コマンドの操作ができ、CAD特有の属性も知る必要があります。また、最低限の技術面も理解していないとスムーズに作業は進みません。建築業なら建築に関する技術も必要な知識の一つになるでしょう。

Auto CADの属性というと難しいですが、線種やレイヤー、色やペン、縮尺で属性をもたせ設定し、カラフルな図面に仕上がります。三次元で作成した場合は、基本的なパソコン操作であらゆる角度から立体的に見ることができます。専門的な知識も必要ですが、実務経験を積むことによりCADスキルは上達させることができるでしょう。

CADの特徴

CADの大きな特徴としては、図面を一から手書きで作成しなくてよいという点です。それによって、誰にでも同じ直線や曲線を作図することができ、文字も読みやすく統一できます。ただの線に思えるものも、熟練具合によって全く違ってきますし、乱筆も気にせず細かい文字もフォントの調節でいいのです。また、場所をとるドラフターを使わなくてもいいですし、CADソフトを入れたパソコンを持ち歩いて、いろんな場所で作成することも可能です。

手書きと大きく違う点は、修正の仕方です。少しの修正でもソフトを立ち上げて修正し、保存しなければならない手間もあれば、細かい部分を修正するのにもその場所のみを修正でき、消しゴムでまわりまで消してしまう心配がいらないという利点もあります。消した部分の跡が残ることもなく、修正したことすらわからずきれいに仕上がります。

CADでは、図面の原本はデータで管理します。そのため間違って消さないように十分な注意が必要です。こまめに保存し、データをコピーしておくといいでしょう。複製できるので、原本が一つということにはならずにすみ、取引先などにデータを送れ、共有できます。手書きの場合は紙で保存するので場所も取り、原本は一枚きりなので取り扱いも丁寧にしなければなりません。

Auto CADの種類

近年は人間が開発した便利なものが増え、コンピューターでできる仕事も多様化しています。いろいろなソフトウエアも開発され、普及し、性能も上がってきました。CADもその中の一つであり、設計する図面を、手書きではなくCADというソフトウエアを使ってコンピューター上で描いていくものです。Auto CADは、CADの一種であり、アメリカのオートデスク株式会社が開発した汎用のCADのソフトウェアです。

CADにもいろいろな種類があり、用途によって使い分けられているものもあります。機械用CADや製造業向けのCAD、その他にも多々あり、またその中でも種類がいくつか存在します。しかし、我々がよく聞くのは建築用のCADで、二次元のみの図面を作成するのに用いられるJW-CAD、そして二次元や三次元での図面を作成することができるAuto CAD、VectorWorksなどです。これらは建築のみに使われるわけではなく、日本での使用頻度が高いため他の分野にも使われることもあります。

一般的に幅広く使われるAuto CADにも種類があります。よりシンプルで安価なAuto CAD LTや、機械設計用にいろいろな機能を備えたAuto CAD Mechaniacal、土木設計に使われるAuto CAD Civil 3D、電気設計には二次元のAuto CAD Electrical、他にもそれぞれに特化したバージョンのソフトウエアなどもあり、十数か国語に翻訳されていて世界中で使われています。また、Auto CADをより低コストで使用するための互換ソフトウェアなども出ています。